淡路島の声が聞こえるwebマガジン

サイクリストもこぞって集まるカフェで話題の名物・淡路牛ローストビーフ丼!/Giro d’ Awaji(兵庫県南あわじ市)

南部
グルメ

2018.09.14

南あわじをウロウロしていることが多い私がずっと気になっていたこのお店。

 

 

道の駅 福良のほど近くにある、『Giro d’ Awaji(ジロ・デ・アワジ)』。

今日はこちらにアタック!

 

焙煎工房『Giro d’ Awaji

 

店内は黒をベースとしたシックで男らしい感じ。

かっこいいロードバイクやあちこちにあるアニメのグッズから、男子が集まる隠れ家的な匂いをプンプン感じます。

それもそのはず。実はこのお店には、とても珍しいとっておきの秘密があるんです。

その秘密を明かす前に、まずは…

 

特製 淡路牛ローストビーフ丼!

 

どーーーーん!!!

Giro d’ Awajiの一番の名物、『淡路牛ローストビーフ丼』をいただいちゃいましょう。

ぬお~~これが噂の淡路牛なんですねー!

淡路島の玉ねぎが惜しげもなく入っている和風ダレと、てっぺんに乗せられた卵から放たれた輝きが眩しいっ!

実はこのローストビーフ丼、兵庫県の代表として某テレビ局の秋のグルメランキング全国ベスト30に選ばれた逸品。

期待が高まります!

 

 

口に入れると、柔らかなローストビーフと少し酸味のある和風ダレが絶妙に絡み合い、ご飯が進む進む!

お好みで西洋ワサビをつけてもOK。

こだわりは、淡路米・淡路牛・淡路玉ねぎを使用していること。その時の季節に合わせて塩分のバランスを微妙に変えているそう。

この他にも、『淡路牛ロコモコ』など、地元の食材をふんだんに使用した料理が楽しめますよ。

 

自慢のスペシャリティコーヒーも

 

珈琲もこだわりの種類がたくさん。

日本でほとんど流通していない上質の珈琲生豆を農園より輸入し、店内で焙煎させるといった鮮度抜群のラインナップなのだとか。

店内で注文すると出てくる、淡路島の形を模したプレートが可愛い!

 

Giro d’ Awajiはもともと焙煎珈琲の卸売から始まったお店。

南あわじにカフェを構えることになり、「わざわざ島外からやってくるサイクリストさんに地元のものを」ということで淡路牛を使用したローストビーフ丼を始めたそう。

それがテレビに取り上げられたことをきっかけに、今ではすっかり名物が珈琲からローストビーフ丼に取って代わってしまったという面白いエピソードも。

では、なぜ『サイクリストさんに』なのでしょうか?

 

レア!サイクリストのための自販機

実はこのGiro d’ Awaji、サイクリストにとっても優しいお店。

オーナーの原さんが自転車好きということもあり、お店を始めてからたくさんのサイクリスト仲間が集まるようになったんだそう。

「淡路島は他の地域と比べて、自転車のメンテナンスをするお店や自転車屋さんが少ないんです。そこで、トラブルがありパーツが買えない時にお手伝いできることがあれば、と思い店内外にサイクリストのためのロードバイクメニューも用意することにしました」

 

 

そう、お店の前にあるのがこのサイクリストのサイクリストによるサイクリストのための自販機。

一見普通の自販機ですが、近づいてみると…

 

 

わ!!チューブ売ってる!

飲料以外にも、サイクリスト用の補給食・CO2ボンベ・パンク修理キット・タイヤレバーなどが購入可能。

こんな自販機は全国でも珍しいのだとか。確かにこんな自販機、見たことない…

この日も県外からのサイクリストさんがこの自販機を覗いていましたよ。

 

 

原さんは競技大会に出場するほどの本格的なサイクリスト。『島くるAwaji』というレンタサイクルショップも9月から店内に併設しています。

「レンタサイクルだったらメンテナンスもこちらで全部やるし、バスで来たら福良が終点なので楽ですよ。南あわじは観光スポットが集約されている地域なので、グルメ・景色・温泉などを楽しみながら走るのがおすすめ。自転車だけでなく、それに付随したものを楽しんでもらえればと思います。店長オススメのツアーなんかも組んでいるので、ぜひ相談してみてください」

聞けば農作物収穫体験も入ったツアーなどもあるそうで、自転車の楽しさにプラスアルファされてとてもいい思い出になりそうですよね。

 

「行列ができるお店ではなく、来店したお客さんが居心地よく過ごしてもらえる場所になればと思っています。僕は話すことが好きなので、お客さんとアットホームな感じで色々なお話ができたら嬉しいですね。来島するたびに顔を見せていただけるお客さんは何よりの財産。地元の方はもちろん、近況を話し合えるような常連さんが島外にも増えているのが、今とても楽しいんです」

サイクリストを様々な面からサポートし、彼らの憩いの場にもなっているGiro d’ Awaji。

これからも地元の方や観光サイクリストを大切にし、また同時に愛されていくお店なのだろうな、と感じました。

珈琲、淡路グルメや自転車を楽しむならGiro d’ Awajiにぜひどうぞ!

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Giro d’ Awaji(ジロ・デ・アワジ)

所在地/兵庫県南あわじ市福良甲1529-3野口ビル1階

営業時間/9:30~17:30

定休日/水曜

電話/0799-50-2411

http://giro-di-awaji.com

 

 

写真・記事:山田 芽実

 

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Feature

Information