淡路島の声が聞こえるwebマガジン

冬の入口の素材たち 大根のクリームラペ~淡路島の旬を料理してみようvol.4~

グルメ

2018.11.20

多くの食材に恵まれ、あちこちに産直をみかける淡路島。冬の入り口にたつこの季節、夏や秋とはまたちがう味わい深い素材を目にするようになりました。今日、編集部が挑戦するのは、大根をつかった副菜 ”大根のクリームラペ”です。

 

冬の代表野菜と果物といえば……


淡路島といえば南国と思われますが、淡路市の東山寺には有名な大根があります。標高が高いので、昔から東山寺周辺の大根は「倒産地大根」という名前で有名だったと言われています。

今回は冬の入口に出回り始めた大根と、柿を組み合わせます。

 

クリーミーでお子さんにも大人気!

ラペといえば甘酸っぱいものが定番です。今回も甘酢を使いますが、ポイントはクリームチーズを使うところ。そうすることで、お子さんにも食べやすいラペに仕上がります。甘酢はたくさん作って作り置くと、生野菜と食べても美味しいです。

 

まずは新鮮な大根の皮をむきます。さらに、ピーラーで皮をむくように実をカットしていきます。細く千切りするよりも、食感が残るので少し太めに薄くカットするのがおすすめです。

 

沸かしたお湯にさっとくぐらせて、10秒ほどでザルに上げます。

 

水気をしっかり切って、温かいうちにクリームチーズを合わせます。温かいうちに混ぜるとクリームチーズが溶けていきます。クリームチーズ以外にも、サワークリームやマスカルポーネチーズを使うのも味わいが変わっておすすめです。

 

さらに、作っておいた甘酢とあわせて大根にからめていきます。

 

最後に、千切りにしておいた柿をくわえれば完成です!なますのようですが、柿とクリームチーズがはいることでとっても食べやすくお子さんも食べやすい一品に。

 

●材料
大根       10センチ
柿        四分の一
クリームチーズ  10グラム

甘酢(下記の材料を小鍋で一度沸騰させておく)
米酢       大さじ2
みりん      大さじ2
塩        ひとつまみ
きび糖      小さじ1

●レシピ
①ピーラーで大根を薄くカットする。
②沸騰したお湯に①をいれて、さっと湯通しする。10秒ほどであげて水気を切る。
③②とクリームチーズをあわせる。あたたかいうちに、クリームチーズを溶かす。
④作っておいた甘酢を適量加える。
⑤最後に千切りした柿をくわえて完成!

 

 

大根以外にも人参でつくってもおいしいですよ。果物と野菜を組み合わせて、いろいろ挑戦してみてくださいね。

 

レシピ協力:CAFENOMADO
記事・写真:藤田祥子

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Feature

Information