淡路島の声が聞こえるwebマガジン

淡路島の乳牛牧場まるごと体験!/淡路島牧場(兵庫県南あわじ市)

南部
体験
レジャー
グルメ

2018.01.11

淡路島で有名なものといえば?

美しいお花畑、玉ねぎ、海鮮…

そしてもうひとつ、牛乳です。

淡路島の酪農の歴史は100年以上。

温暖な瀬戸内の気候と豊かな自然が乳牛を健やかに育み、良質なミルクを生産しています。

淡路島に近いエリアに住む方であれば、『淡路島牛乳』と書かれたパッケージのミルクを見かけたことがあるのではないでしょうか。

そんな牛乳パックの超デカイやつを、淡路島南部の道沿いに発見!

 

牧場レジャー満載の淡路島牧場

ここは、淡路島の酪農を見学できるだけでなく、様々な牧場遊びを体験できる『淡路島牧場』です。

施設の中に入っていくと、またしても巨大牛乳パックが!

SNSユーザー必見の自撮りスポットですね。

施設内には、たくさんの乳牛がの〜んびりと暮らしています。

なんと彼らは毎日モーツァルトの曲を聞いて育っているんだとか!

癒しの曲を聞かせることで、牛たちはリラックスしてストレスなく過ごせるんですね。

これが淡路島牛乳の美味しさの秘密のひとつなんでしょうか…。

中には可愛い子牛も!

牧場レジャーのひとつ『乳飲まし体験』をぜひ!哺乳瓶を見て寄ってくる子牛が可愛いから!

 

牧場レジャーといえばこれ!乳しぼり体験

淡路島牧場で一番やりたかったのがコレ。

そう、乳しぼり体験です。

牧場レジャーとしてはベタですが、なんだかんだでコレが一番楽しい!

コツを教えてもらってギューッとしぼれば、牛乳が勢いよく飛び出してきます。

なんか、愛媛で蛇口をひねってポンジュースが出てきたときと同じような高揚感が…

都会っ子には感動モノの体験です(まぁ僕は田舎育ちですが…)。

 

バター手作り体験もやっちゃいました!

「乳しぼりをした後は乳製品づくりをしなきゃ」ということで、乳をしぼった勢いそのままにバター手作り体験もやってみました。

めんどくさ…、いや長ったらしくなるので細かい工程は割愛しますが、淡路島牛乳をベースにした手作りバターが完成!

なんと、ついでにチーズも作れちゃいます。

バターもチーズもクラッカーにのせて試食。

できたての口当たりはとっても滑らか。

淡路島牛乳の旨みがギュ~ッと濃縮されています。

 

牧場内では淡路島牛乳飲み放題!

バター手作り体験を行っている建物の一角にあるのは、淡路島牛乳の試飲コーナー。

まさかの無料で飲み放題です。

入場料だって無料なのに、無料でガブガブ飲んじゃっていいの? って思ってたら、

「いいんです」とスタッフさん。

なんて太っ腹!

ありがとうございます!遠慮なくいただきます!!

「淡路島牛乳を片手に何か食べよう」と、併設されているお食事コーナーで注文したのは『ミルクビーフカレー(淡路島ヨーグルト付き)』(850円)。

見た目シンプルなカレーですが、一口食べてびっくり。

ハイパーレベル高いです、このカレー。

その名の通り、淡路島牛乳が味の決めてになっていて、とってもコク深い!

淡路牛のバーベキューコースなんかもありますが、牛乳のお供として食べるならミルクビーフカレーが最高です。

そして、最後にコレを食べないと牧場レジャーは終われない…。

はい、もちろん淡路島牛乳のミルクソフトクリームです。

こんなの、美味しいに決まってるよね。

そんなわけで、取材と称して淡路島牧場を満喫したのでした。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
淡路島牧場

所在地/兵庫県南あわじ市八木養宜上1番地

開園時間/9:00〜17:00

休園日/月1~3回、木曜に休園あり

電話/0799-42-2066

http://www.awajishima.or.jp/

 

写真・記事:千葉大輔

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Feature

Information