淡路島の声が聞こえるwebマガジン

穴場的フラワースポット!アルファガーデンのお花たちに癒されに行こう/アルファガーデン(兵庫県淡路市)

北部
絶景
体験

2017.08.29

淡路島と言えば。

やっぱり『花』ですよね。

淡路島は花博が行われたこともあるフラワーアイランド。

島内の様々な施設で美しい花々を見ることができますが、それらに共通するのは『癒し』でしょう。

一面に咲き誇る色鮮やかなお花畑は、見るだけで心が癒やされるものです。

さて、今回そんな『癒し』を求めてやってきたのはコチラ。

 

あわじ花へんろ札所『アルファガーデン』

 

淡路島北部にある『アルファガーデン』。

実はこちら、淡路景観園芸学校の敷地内にある庭園なんです。

つまり、園芸教育や調査研究のための場所なわけですが、無料で一般開放されており、自由に出入りすることができます。

そして、この庭園内に、ここにしかない癒しのエリアがあるそうで…。

 

 

早速その癒しのエリアを目指して、園内を歩いて行きましょう(かな〜り広いのでご注意)!

 

 

園芸学校の学生さんが手入れしているという園内には、なんと約1000種類ものお花が植えられているんだそうです。

 

 

中には、リア充なSNSユーザーがシャッターを切りそうな、こんな場所も。

 

フォトジェニックなトンネルも発見。

なんか違う世界にでも繋がってそうですね!

 

五感を研ぎ澄ませ!園芸療法ガーデン

そんなこんなで園内散策していると、たどり着きました、癒しのエリア。

 

 

え?何の変哲もないって??

そう思うのは、今あなたが視覚だけでしかこの場を見れていないから。

ここは、植物を通して人を癒やす『園芸療法』のモデルガーデン。

視覚だけではなく、聴覚、触覚、嗅覚、味覚、つまり五感全てを使って植物から癒しをもらう場所なのです。

 

 

例えばこれは、音の花壇。

風に揺れる葉音やビオトープの水音などに耳を澄まし、自然の音色に癒やされます。

 

 

そしてこれは、触れる花壇。

様々な植物に触れると、植物によって驚くほど感触が違うことに気付きます。

 

 

僕のオススメはこれ。

『ラムズイヤー』という植物で、何とも言い表しづらい感触です。

なんか…、モフッとした座布団のような…

ぜひ現地で触ってみてください。

 

 

さらにこれは、香りの花壇。

いろんな花の香りが楽しめますが、中にはカレーの匂いがする植物も。

他にも食べられる果実があったりと、まさに五感をフルに活用して癒しを受け取るガーデンなのです。

 

予約すればガイド付きの散策も!

園内には他ではなかなかお目にかかれないような植物もたくさん。

そんなアルファガーデンの植物たちのことを詳しく知りたいという人のために、ボランティアガイドさんが園内を案内してくれるサービスも(水・土・日曜の10:00〜16:00限定)。

公式HPから申込みできるので、ぜひ利用してみましょう!

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アルファガーデン
所在地/兵庫県淡路市野島常盤954-2

営業時間/24時間開放されています

定休日/無休
電話/0799-82-3455
入園料/無料
http://www.awaji.ac.jp/alphagarden/

 

写真・記事:千葉大輔

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Feature

Information