淡路島の声が聞こえるwebマガジン

鮮魚店直営の海鮮食堂で濃ゆ〜いタコ天丼を食らう!/海鮮食堂 魚増(兵庫県洲本市)

中東部
グルメ

2018.03.31

島ノオトでのタコ関連記事はこれで早くも3本目。

編集部員はどんだけタコ好きなんだ、という話ですが、好きなものは仕方ありません。

と、いうわけで今回はこちら!

 

海鮮食堂 魚増

淡路島の中東部、洲本市にある『海鮮食堂 魚増』です。

すぐ隣にある鮮魚店直営の食堂で、下手すれば昼過ぎには売切れ閉店になってしまう人気店。

「忙しいから、やだ」と、一時は取材を断られかけましたが、ゴリ押しでアポイントを取り付け、やってきました。

ゴリ押しした理由はもちろん…

これが食べたかったから!!

タコ好きには垂涎の『たこ天丼定食(1500円)』です。

 

秘伝!免許皆伝!濃厚タコ天

ご飯が見えないほどのタコに覆われた『たこ天丼』、さっそく一口いただくと…

なんだこれ〜!

びっくりするほどタコの味が濃い!

調味料の味で濃いのではなく、タコの味が異常に濃く感じるんです。

タコは淡路島近海のものを使っているそうですが、それにしてもこの濃厚さの秘密はなんなんでしょう?

その秘密を探るため厨房に入らせてもらうと、カラカラと小気味良い揚げ音。

魚増の社長・堀川さんに話を聞くと、「味付けはタコを塩揉みする際に付く塩味だけで、あとは揚げ方にポイントがあるんよ」とのこと。

ただ、その『揚げ方のポイント』は企業秘密なんだそうで。

厨房ではその揚げ方をマスターしたスタッフさんが、タコをひたすら揚げ続けています。

この時点で美味しそう…

つまみ食いしたい…

あとはご飯の上に乗っけてタレをかけてできあがり。

タコ天の味が濃いから、タレは薄味です。

タコそのものが美味しいというのもあるんでしょうけど、このシンプルな丼で無類のタコ好きである僕を魅了するとは、秘伝の揚げ方、恐るべし。

 

もちろん、タコだけじゃありません

ここまで、タコ天丼についてしか触れてなかったですが(笑)、魚増は鮮魚店直営ですから、もちろん他にも海鮮メニューがたくさん!

こんなに色鮮やかな『海鮮丼定食(1400円)』も人気メニューのひとつ。

まぁでも、僕は次回来たときにも間違いなく『たこ天丼定食』を注文することでしょう。

タコの味わい濃厚な『たこ天丼』、あなたもタコ好きならぜひ!

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

海鮮食堂 魚増

所在地/兵庫県洲本市本町2-3-2

営業時間/11:00〜13:30

定休日/火曜・水曜(祝日の場合は営業)

電話/0799-22-0559

P/7台

http://www.awaji-is.or.jp/uomasu/kaisen/

 

写真・記事:千葉大輔

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Feature

Information